労働環境の通信簿 全世界共通の労働環境基準

労環スマイリー 労働環境最悪企業

評価基準:

 
1. 社員の平均評価: 25%以下!
2. 少なくとも社員の25%、若しくは50人が評価
3. 労働環境の通信簿のコンサルタントによる労働環境改善提案を含む労働環境評価レポートは企業側が希望しなければ必ずしも作成してはいません。しかし、「労環最悪」と評価された企業はちょっとした事で大きく労働環境を改善出来るだけでは無く労働環境の改善が必要である為、報告書の作成を提案しております。
4. 労働環境の通信簿はこの企業の訪問による調査確認は行っていません。認定は社員のアンケートや企業自信から調達可能な資料、インターネットから収集可能な情報によるものです。
5. 違反が確認された企業は自動的に「労環最悪」認定と評価されます。「労環最悪」とは社員の評価が非常に低い、もしくは違反があった企業の二種類あります。

それぞれの評価の分かりやすい一覧表はこちらを御覧下さい/a>
   
労働環境の通信簿から「労環最悪」認定を受けた企業は、まずは社員がこの企業の労働環境は推薦出来ないという事を表しています。
企業としては欲しくない評価です。大きな労働環境の改善が必要です。しかし会社側にも労働者側にもメリットの多い改善出来る労働環境の要素は沢山あります。その為「労環最悪」という評価を受けた企業には労働環境の通信簿と共同で労働環境に関する調査報告書の作成をお勧めします。どのような要素が最も労働環境の悪化に繋がっているのか、最も効率良く改善できるのはどのような要素なのかを労働環境の通信簿と共同で調べ挙げる事をお勧め致します。

「労環最悪」認定を受けた企業は企業が希望しない限り訪問しておりません。この評価に不満をお持ちの企業様、お問い合わせください。
     

認定取得条件:

 
「労環最悪」の認定条件は平均評価が25%を超えていない事以外に特にありません。

但し、この評価は少なくとも社員の25%、又は50人を超える社員数を元にしています。つまり、1人や2人の不満な社員が偽りの報告をしたとしても「労環不推奨」と評価される事は有りませんのでご安心ください。
   

その他の条件: 

 

労働環境の通信簿のコンサルタントはこの企業を訪問しておりません。「労環最悪」認定はあくまでも社員のアンケート結果や調達可能な資料に基づくものです。「労環最悪」認定企業には改善提案を含む労働環境調査報告の作成を提案しております。
   
この認定は取得から1年若しくは再度調査を行い別の認定を受けるまでのみ有効です。この評価にご不満の場合、お問い合わせください。どのような労働環境の改善を行えば評価が上がるかを御一緒に検討しましょう。
 

認定取得方法:

 
詳しくは企業様向けのページを御覧下さい、若しくは直接お問い合わせください。
     

認定取得企業一覧:

 
準備中  
     
アンケートにご協力下さい サポートのお願い 連絡先
Roukan.com - mapping worldwide working environment by employee survey roukan.jpにご協力下さい - 世界のより良い労働環境基準を目指します  Contact information - Japan country manager - Kim Pedersen