労働環境の通信簿 全世界共通の労働環境基準

roukan.jp - 企業様のメリット

すぐに認定を受ける

 
認定取得に関する条件取得方法はそれぞれのリンクを御確認下さい。
   

提携相手募集!

 
提携相手募集に関する詳しい事はこちらを御覧下さい (new)  
   

何故労働環境をマッピングすべきか

 

理由1: 単純に企業の利益を増やす為

労働環境は企業の利益を大きく左右します。改善は必ずしもコストが大幅に掛るとは限りません。中でも最も企業の利益に直接影響する改善は一円も掛けずに出来ます。その対価として会社に対してもっと積極的に活動し考える社員が期待出来ます。また労働環境が改善されれば企業イメージもアップし、より優秀な社員の雇用も可能になります。労働環境の改善は労使供にメリットのあるものです。
 

理由2: リスク回避

昨今世界では多くの企業が労働環境に関する違反をしたとして社員なり労働組合なりに訴えられています。訴えられる前にリスク回避を考える事が多くの企業にとっては得策のはずです。労働環境の通信簿を利用し、現在の貴社の労働環境をマッピングしリスク回避を検討してください。労働環境の通信簿は社員の皆さんの声ですから、社員からの小さなヒントを受けて改善を考えてください。多くの場合、調査結果を元に改善を行えば、後日大きな問題、事故や裁判になりかねない事項を避ける事も出来るでしょう。会社の経費を抑える事に繋がるだけではなく、場合によっては唯一の生き残りの確保かも知れません。
   

理由3: グローバルな時代です。競争力の厳しい世の中、生き残り優秀なスタッフを雇用出来るかにかかっています。その為には労働環境の改善が不可欠です。

現在のグローバリゼーションの世の中、競争は毎日のように厳しくなって行く一方です。また、グローバリゼーションによって労働力も簡単に国境を超える事が出来るようなりました。パソコン一台あれば実際にはどこに住んでいても仕事が出来るようにもなりました。企業は生き残るためには優秀なスタッフは欠かせません。貴社はどのように最も優秀なスタッフを確保されますか?

また、国境を行き来する事が簡単になり、国境を越えての労働環境の比較も容易くなりました。国際的に優秀な社員を確保するためには国際的な基準によって労働環境を計測し競争相手と比較する必要があります。労環スマイリーが必要です。優れた労働環境は高めの給料や待遇よりも社員にとっては価値が高いのです。
   

理由4: 現代の世界の消費者は企業の社会的責任を求めています。優れた労働環境で国際消費者に社会的責任感を持っている事がアピール可能!

労働環境はいうまでもなく社員の皆さんには大きな影響を及ぼします。社会的責任感の強い企業とは、会社の外部の社会的活動に貢献している企業と考える人が多いようですが、それよりも、まずは内部の人間をしっかりと守る会社でしょう。社内の人間を酷く扱っている企業が社会貢献しようというのは根本的なところがおかしいでしょう。ちょっとした社会貢献で世間の目を誤魔化し、社員にはサービス残業を強いれ、碌でもない労働環境を与えられる時代は終わりました。社会貢献とはまずは自社の社員に対して行う事を言います。社員を犠牲にした金儲けは消費者が納得しない時代になりました。終身雇用を生み出した日本の素晴らしい文化。日本人こそがこの原則を一番理解しているはずです。労働環境の通信簿は企業としての社員に対する姿勢の評価だとも言えます。貴社は社会的責任をステークホルダーの皆さんにどのようにアピールされますか?

近年、世界の消費者は社会的責任に更に焦点を当てています。酷い労働環境や自然環境破壊などに焦点を当てた世界の消費者にボイコットされ潰れていった企業は少なくありません。日本企業は大丈夫ですか?労環スマイリー認定を受け、日本の消費者だけでは無く世界の消費者に優れた労働環境である事をアピールしませんか?競争相手に遅れを取らないよう一刻でも早く検討される事が得策です。
   

理由5: roukan.jpはあなたのマーケティングツールです

今はマーケティングの時代です。マーケティングが上手な企業ほど国際競争には強いのです。しかし、徹底したマーケティングは決して安くはありません。企業の大きな金銭的な負担となります。しかし、賢い会社は徹底して新しいマーケティング方法を検討します。広告にお金を使うのか、それとも会社の看板である社員にお金をかけるのか。結局企業は人間と人間の関係。労働環境が優れている企業はイメージがアップします。また、労働環境の通信簿の調査はコストのかからない労働環境の改善をまずは提案します。是非労働環境の通信簿を貴社のマーケティングツールの一環としてご利用下さい。
   

理由6: 労働環境をマッピングする事で、簡単になお且つお金を掛けずに改善出来る要素が一目瞭然!

労働環境をマッピングする事で、問題があるのか、その問題はどこにあるのか、重大な問題点は何なのか、焦点を当てるべき所がどこかが一目瞭然になります。その為には社員の本音を聞き出す必要があります。本音を聞き出さない限り調査には何の意味もありません。しかし、多くの社員は社内で本音を語る事を恐れているのが現状です。そういう中、どうやってあなたは社員の本音を聞き出しますか?労働環境の通信簿は第三者であり、外部の中立的な立場にある存在です。我々にならば社員の皆さんも安心して本音が言える可能性が高いでしょう。個人情報は伺いますが、これはあくまでも本人確認、社員である事、又は社員だった事の確認や意味ある統計の作成(例えば男女の比較、年齢別の状況比較、部署ごとの比較など)に使うものであり、個人情報は一切会社側には提出いたしませんので安心して情報提供頂けます。
   

理由7:貴社の競争相手は既に労働環境をマッピングしています

既に労働環境マッピングは始まっています。彼らは如何にこの情報を得る事が得策であり、企業のイメージアップ、消費者へのアピールに繋がるのかを理解しています。近い将来、労環スマイリーは企業のスタンダードとなって行きます。早めに認定を取得し基準が一般的に知られ始めた時点では「労環優秀スマイリー」が取れるようにしておくと得策です。お問い合わせはこちらから。
   

アンケートタイプ 1: 標準

 
標準タイプのアンケートはこちらのものです。このスタンダードアンケートは一般的な労働環境、物理的労働環境そして精神的労働環境を概網羅しています。また、調査報告書には調査結果やその分析、社員の皆さんのコメントの分析等も行います。また、調査結果を元にいずれかの「労環スマイリー」認定されます。調査報告書には場合によっては改善して企業側にも社員にとっても大きくメリットのあるものを提案いたします。労働環境に何も問題が無い場合や逆に優れている場合は勿論その旨が記載されます。
   

アンケートタイプ 2: 標準と焦点エリア選択

 
調査の焦点を特定の分野に置いて欲しい場合、そのような調査を行う事も可能です。例えば新社員を雇用する際に物理的労働環境が優れている事、ファミリーフレンドリーな職場である事などをアピールされたい場合にこのような調査をお勧め致します。現時点では一般的な労環スマイリー評価以外に物理的労働環境、精神的労働環境、ファミリーフレンドリー労働環境、障害者フレンドリー労働環境、禁煙労働環境の五つのエリア調査を提供しております。
   

アンケートタイプ 3: 特注

 
特注アンケート調査も行っています。貴社はどのような調査が必要なのか。教えてください。部署ごとの比較、男女の比較、年齢ごとの比較、特別な項目に焦点をあてたもの、その他何でもご希望をお聞かせください。業界ごとの調査や地域の調査も可能です。
   

どうすればいいの?

 
まずはメールにてお問い合わせください。
   
アンケートにご協力下さい サポートのお願い 連絡先
Roukan.com - worldwide working environment mapping surveys roukan.jpにご協力下さい - 世界のより良い労働環境基準を目指します  Contact information - Japan country manager - Kim Pedersen