労働環境の通信簿 全世界共通の労働環境基準

労働環境の通信簿は下記の
一般的労働環境を計測します

推薦度:

従業員の皆さん、自分の会社をどこまで他の求職者にお勧めされますか?
   

全体評価:

 
会社の従業員は全体的な労働環境をどのように判断しているのでしょうか?
   

サービス残業:

 
サービス残業は、一部の国でのみ行われており、日本は先進国の中でもサービス残業が一番多いという事は間違いないでしょう。労働環境の通信簿では月々100時間以上のサービス残業を強いられている日本の社員からの評価がありますが、海外の方の回答ではこのような状況は見当たりません。また、日本の法律ではサービス残業が禁じられているにも拘らず、残念ながらサービス残業は例外では無く非常に多くの日本人の方がサービス残業をしているという回答を出しています。サービス残業は社員から時間を奪う事であり、金銭的に従業員に負担が掛るばかりでは無く、幸福度に大きく影響する自分の時間(家族と過ごす時間、スキルアップする時間、休む時間など)をも従業員は奪われています。これは従業員の会社にとっての不満や人生自体の満足度低下に繋がります。また平気で社員にサービス残業を強いれる企業の多くは他の労働環境問題も山積みの場合が多い。  
   

休暇の撮りやすさ:

 
殆どの人にとって、正常な家族生活を送る為には休日は必要です。しかし、すべての国のすべての労働者が休日が取れる訳ではありません。必要な際に一日か二日程の休暇を取れるとは限りません。あなたの職場環境はどうですか?必要な時に休暇はとれますか?  
   

家族やプライベートへの影響:

 
あなたの仕事は、家族生活やプライベートに影響を与えていますか?家族には会えない程の時間を職場や通勤で費やしていますか?
パワーハラスメントが原因で落ち込んでいますか?仕事で疲れ果てて家に戻ってから何もやる気がないという事はありませんか?
   

教育やスキルアップ:

 
労働者は常にその人の専門分野知識を維持開発しなければ万が一の転職を強いられた際には同じ年代の人間と比較して大きく遅れを取ってしまい不利な立場になってしまいます。また企業としても従業員の専門分野をしっかりと維持する事で競争相手との競争が出来ます。企業は従業員の専門分野知識を維持する為にどのようなスキルアップや教育に関する支援をされてますか?
   

差別:

 
差別には多くのものがあります。性別、宗教、年齢、学歴、国籍、障害、性的指向など。あなたやあなたの同僚は職場での差別を体験していますか?下記の0から10の数字で差別が多いか少ないかを評価して下さい。
   

労働環境改善の努力:

 
どのような会社も多少の労働環境問題は有るでしょう。問題が全く無いと言える会社は殆ど無いでしょう。それとは別に会社として労働環境問題を認識し、改善を試みているかどうかで企業の労働環境に対する意識と評価は変わるべきでしょう。企業によっては、労働環境を改善しようと他社よりも努力しているところもあれば全くしない企業もあります。あなたの会社の労働環境改善への努力は0から10で評価してどの程度ですか?
   

給料や待遇:

 
勿論給料や待遇は従業員に取って非常に重要なポイントです。従業員はこの世の中で最も貴重なものである自分の時間、そして従業員が持っている能力を会社の為に使っているのです。この対価は当然必要であり、会社が物を売ってお客さんを請求しているのと同様、社員は自分の時間と能力を会社に売っているのです。会社としてこれを軽視してはいけません。
   

下記の項目も御覧下さい:

 
精神的労働環境 物理的労働環境 その他の労働環境
Mental Working Environment Physical working environment roukan.com - we measure working environment worldwide
   
アンケートにご協力下さい サポートのお願い 連絡先
Roukan.com - Worldwide working environment mapping roukan.jpにご協力下さい - 世界のより良い労働環境基準を目指します  Contact information - Japan country manager - Kim Pedersen