労働環境の通信簿 全世界共通の労働環境基準

労働環境の通信簿は下記の
精神的労働環境を計測します

パワーハラスメント:

パワーハラスメントは、職場での上司からの部下に対する嫌がらせや歓迎しない上司からの部下への異常な注目。パワーハラスメントはちょっとした不快感を感じる経度なものから従業員が大きく不快感を感じる強制的なもの、ジョブデスクリプションを明らかに超えたものまで幅広く存在します。また、場合によっては性的な行為や宗教、違法な行為、従業員の人権侵害となるものもあります。パワーハラスメントは多くの国では違法的な差別と考えられており一種の従業員の心理的虐待とさえ考えられています。パワーハラスメントは国によって状況は異なり、パワーハラスメントに関する認知度も大きく異なるのが現状です。
   

ストレス:

 
ストレス自体は病では有りませんが、過度な精神的若しくは物理的な労働環境に対する身体の防衛であると言えます。ストレスとはダメージから生き残りを試みてている症状であると言えます。この防衛は恒久的に働くべきものでは無くあくまでも一時的にだけ機能すべきものです。ストレスが長く続く場合は深刻に健康を害する事になり兼ねません。職場ではストレスは決して個人の問題としてあるべきでは無く、これは職場が共同で対応すべき問題です。
   

仕事の楽しさ:

 
仕事内容、職場、同僚と働く事などは楽しいですか?顧客とのやり取りは楽しいですか?仕事は当然ながら楽しくなければいけません。一日8時間、多くの人はそれ以上の時間を仕事に費やしています。人生で最も多い時間数を費やしている仕事、楽しく無くては人生が楽しいはずがありません。個人の幸福度と大きく関係しています。
   

仕事の遣り甲斐:

 
仕事は遣り甲斐があるべきです。会社が提供している商品なりサービスなりの最終商品になたはどのように貢献していると理解していますか?会社が提供している商品なりサービスなりの目的に共感していますか?この商品/サービスは顧客、若しくは社会にとって価値あるものだと思いますか?仕事に遣り甲斐を感じない場合は当事者として仕事に取り組む事が難しくなり、仕事に対する積極的な姿勢や基準を失ってしまいます。逆に遣り甲斐のある仕事であれば一貫性を保った仕事への姿勢に繋がります。
   

自分の仕事への影響度:

 
仕事の影響とは、自分自身の具体的な仕事、その仕事の計画と実行、職場のレイアウトや同僚の組合せや労働時間帯等に対するあなたの直接的な影響度を言います。影響度が低ければ低い程、無力と感じる事が多く、逆に影響度が高ければ高いほど、活発な活動、能力向上とより高い責任感に繋がります。
   

仕事の予測可能性:

 
必要な時に必要な情報が得られる事は予測可能性に繋がります。予測可能性は不安を減らします。予測可能性の話は職場の細かい日常的な話では無く、あくまでも大筋、大まかなものを指します。一日の大まかな流れが予測可能なのか、仕事の量や内容が予測可能か、労働時間が予測可能か等。予測可能性は健全な家庭や個人的な生活を送る上で重要な事です。
   

職場の社会的サポート:

 
社会的な支援/サポートとは上司や同僚からのサポートを事を指します。そのサポート内容とは実用的なものや心理的な物が挙げられます。大事なのはその支援が適切な方法であり正しいタイミングである事です。必要な時にサポートを受けられなければ従業員は孤独や孤立につながりかねません。逆にタイミング良く必要な時にサポートを受けられれば社会的な足場がしっかりと築かれまた会社内の人間関係が強くなって行きます。
   

報酬やご褒美:

 
給与、キャリア促進、感謝と認められる事等は報酬やご褒美の例です。会社に取って売り上げや利益が大事だという事が理解出来れば当然ながら従業員にとって報酬やご褒美が大事だという事いは理解出来るでしょう。行われた努力に対して報酬が比例している事が重要です。比例していなければ報酬が平等ではないと受け取られます。報酬やご褒美が欠けている場合、フラストレーションや自尊心が減る事に繋がりかねず、公平な報酬やご褒美はフラストレーションを減らし自尊心が上がる事に繋がります。
   

仕事の妥当性:

 
会社からの自分への仕事の要求は容量、内容ともに高すぎても低すぎてもいけません。適切でなければ行けません。また明確なものであり、どの時点で自分の仕事が十分満足に完了しているのかを知る必要があります。明確なジョブデスクリプションは非常に役立ちます。会社からの要求が高すぎるとストレスに繋がる場合が多く、要求があまりにも少ないと従業員は仕事に対して無関心になってしまいます。妥当な要求は会社にとってもメリットある従業員自信の成長に繋がります。
   

職場の人間関係や信頼度:

 
社員の満足度にはやはり同僚や上司などとの信頼関係がしっかりしている事も重要です。
   

公平/平等:

 
公平な職場とは様々な事を指します。支払いや給与、昇進、雇用や解雇、認められる事が公平に行われるかどうか等が含まれます。社内の仕組みや手順は認められたもので、なお且つ透明ですか?変更がある場合も平等ですか?またプロセスに関する十分な情報を受けていますか?
   

協力度:

 
職場での連携は、相互の信頼と尊敬に基づくものでなければなりません。これは、個々の部門/グループ、部署/グループと従業員と経営者の連携も同じです。良い対人スキルは誰もが従業員の異なるニーズを尊重しながらも全員が認識している共同の結果に達する事で現れます。
   

人間関係:

 
人間関係は、最も難しいところがあります。特に職場では、十押しに従う必要があり、同僚とは仲良くしなければならず、部下に対しては正しい接し方をしなければならない複雑なものです。あなたの会社の人間関係はややこしいですか、それともスムーズにいってますか?
   

こちらも御覧下さい:

 
一般的労働環境 精神的労働環境 その他の労働環境
General working environment Physical working environment
   
アンケートにご協力下さい サポートのお願い 連絡先
Roukan.com - mapping worldwide working environment by employee survey roukan.jpにご協力下さい - 世界のより良い労働環境基準を目指します  Contact information - Japan country manager - Kim Pedersen