労働環境の通信簿 全世界共通の労働環境基準

労働環境の通信簿では下記の
物理的労働環境をけいそくします

労働空間、道具類や建物など:

職場の立地条件、規模、設備、作業の道具類や空間はひとつしかない従業員の身体への負担を軽減し守る為の大事な役割を果たします。またこれらの要因は従業員が不快感、疲労、頭痛などの症状の原因になりかねません。また事故の原因ともなりかねません。
   

騒音:

 
職場でのノイズは、深刻な健康問題となる可能性があります。騒音は慢性的物理的な障害を引き起こすリスクがあるだけでは無く、精神的労働環境を悪化させる要因にもなりかねません。不要な音、それがバックグラウンドで成っている電話であり、同僚の騒がしいおしゃべりであり、工場の機会の音であっても、すべてが騒音であり健康問題になりかねません。
   

空気や気温:

 
空気の質の悪さは、多くの職場での問題を引き起こしています。良い空気とは適切な温度ときれいな、新鮮な空気の組み合わせです。悪い空気は多くの原因が考えられます。また、職場での空気の質や環境は多くの影響しあう要因の組み合わせからなります。空気の質が悪い職場は次の要因のひとつ、または複数の要因が原因である場合が多い:
・温度や湿度を間違って設定している
・空気中のほこりが多い
・空気中に化学粒子が存在する

空気の質を改善するには一個一個の要素を個別に考えるのでは無く、全体的な労働環境/空間を考えなければいけません。一般的な労働環境が良ければ多くの従業員は空気や気温はそれほど気になりませんが、一般的に労働環境が悪い職場では空気や気温にも問題があるとその問題は更に大きく見えてしまうものです。
   

労働時間:

 
夜勤に関連付けられている既知の問題があります。一般的には夜勤労働者の殆どは睡眠障害があるとしています。日中働いている人よりも少ない睡眠を取っています。多くの夜勤労働者も次のような症状を訴えています:

一般的不快感、頭痛、神経過敏、落ち着きのなさ、不安、緊張感、食欲障害、その他。また、多くの研究結果によると、夜勤の健康と社会的な問題の関連性を確認しています。
   

喫煙方針:

 
もはや喫煙は不健康であることを否定する人はいないでしょう。受動喫煙も健康に害があるという事は一般的に認められています。多くの国では喫煙はもはやほとんどの職場では許可されていません。しかし、未だに喫煙が許可されている国もあります。
   

こちらも御覧下さい:

 
精神的労働環境 一般的労働環境 その他の労働環境
Mental Working Environment General working environment roukan.com - we measure working environment worldwide
   
アンケートにご協力下さい サポートのお願い 連絡先
Roukan.com - worldwide working environment mapping surveys roukan.jpにご協力下さい - 世界のより良い労働環境基準を目指します  Contact information - Japan country manager - Kim Pedersen